コンセプト ラポールde華夢

  • TOP > CONCEPT
  • 理 念

    経営理念
    お菓子づくりは笑顔づくり 豊かさは心に橋を架ける
    「ラポール」という言葉は、心と心が繋がり合うこと。つまりは心の架け橋です。
    お菓子を通じて心をつなぐ仕事がしたい。お菓子には、人の心を豊かにする力があります。その豊かさは自分への「ありがとう」を生み出し、家族、大切な方への優しい言葉、愛情を思い起こさせ、心に橋を架けるのです。理念にはその決意が込められています。
    使命・目的
    地域社会にラポールを築く
    私たちは美味しいお菓子を通して、人がお互いに信頼しあい、生活が豊かになるよう、地域社会に貢献することを使命・目的としています。
    また、人気職種であるパティシエの地位向上、労働環境の改善、夢の実現(雇用創出)に貢献すること、つまり「子どもの夢を叶える」ことを目指しています。
    教育理念
    私たちは、やる気・あいさつ・笑顔を通して、人の喜びを自分の喜びにできる人材を育成します
    1. やる気とは、自立して、高い目標を持ち、いつも前向きに取り組むこと
    2. あいさつとは、いつも感謝の心を持ち、気持ちの良いコミュニケーションが取れること
    3. 笑顔とは、自分の強み・スタッフの強みを知り、弱みは補い合い、強みを活かし輝かせること
    人事理念
    自立・成長・感謝
    1. 常に、可能思考でEnjoy Challengeします。
    2. 常に、献身的で感謝の心を忘れず、想いを伝えて信頼関係を築きます。
    3. 常に、お客さんの笑顔のために妥協しないプロ意識を持ち、自己 成長します。
    4. 常に考えて自主的に行動し、報連相を徹底し、自立します。

    ケーキの「力」 ―社会貢献事業―

    障害者雇用 ラポール
    〜障害者雇用〜
    ラポールは、働きやすい職場環境の実現と、従業員満足度の継続的な向上を目指しています。
    一人ひとりの長所・個性を生かし、会社と個人がともに成長できるよう、さまざまな環境を整え、 自立した人材の育成に努めています。
    現在、障害者雇用により、持田店での焼き菓子のシール貼り・ラッピングを、行っています。
    画像バンク ラポール
    〜画材バンク〜
    ご自宅にて不要になった画材、絵の具、筆、クレヨン、色鉛筆など、ありましたら、ラポールの店舗にて回収しております。
    その画材を、提携する障がい者施設、アトリエ素心居さん、NPO 法人さなえさんなどに、寄付し、障がい者の自立支援に役立てていただこうと思います。
    また、ラポールのお菓子のパッケージに障がい者アートを、地元企業様から原材料を仕入れ、お客様、ラポール、障害者、生産者全員が「笑顔」で繋がる「スマイリープロジェクト」を行っています。その第1弾として「エイブルクッキー」を開発しました。
    エイブルクッキーは、障害者の芸術=『エイブルアート(可能性の芸術)』と地域&社会貢献の可能性に援助したい!という思いから『可能性あるクッキー』という意味を持たせ名付けました。

    Copyright(c)2011 patisserie rapport All Rights Reserved.